果実酒で楽しむ甲類焼酎

果実酒のレシピに書いてある「ホワイトリカー」とは甲類焼酎の事です。

スポンサードリンク

においやクセのない甲類焼酎は、果実酒を作るのに最適です。
ご家庭で楽しめる果実酒の作り方をご紹介します。

梅酒

・アルコール度数35%の甲類焼酎 900ml
・青梅(キズがなく、黄色くなっていないもの) 500g
・氷砂糖 100~250g

1.青梅はきれいに水洗いして水気をしっかりふき取ります。
  竹串やつまようじをつかってヘタを取り除きます。
2.熱湯消毒してよく乾かした密閉できる保存ビンに、青梅と氷砂糖を入れます。
  甲類焼酎を注ぎます。
  ふたをして密閉し、直射日光を避けた涼しい場所に保管します。

約1ヶ月後から飲む事ができますが、3ヶ月後ぐらいがおいしい飲み頃です。
一緒に浸けた梅も食べられますよ。

いちご酒

・アルコール度数35%の甲類焼酎 900ml
・いちご 500g
・レモン 2~3個
・氷砂糖 50~100g

1.いちごはきれいに水洗いして水をきり、ヘタを取り除きます。
2.レモンは皮をむいて輪切りにします。
3.熱湯消毒してよく乾かした密閉できる保存ビンに、いちご、レモン、氷砂糖を入れます。
  甲類焼酎を注ぎ、ふたをして密閉します。
4.一晩経ったら、いちごとレモンを取り出してお酒だけを保存します。

1週間ほどで飲む事ができますが、1ヵ月後ぐらいがおいしい飲み頃です。
ほんのりピンクがかった色合いがとてもきれいですよ。
いちごの季節になったら、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

さくらんぼ酒

・アルコール度数35%の甲類焼酎 900ml
・さくらんぼ 500g
・氷砂糖 100g

1.さくらんぼは実がつぶれないように水洗いし、水気をふき取ります。
2.熱湯消毒してよく乾かした密閉できる保存ビンに、さくらんぼと氷砂糖を入れます。
  甲類焼酎を注ぎ、ふたをして密閉します。
3.約2ヶ月経ったら、さくらんぼは取り出してお酒のみを保存します。

1ヶ月ほどで飲む事はできますが、2ヵ月後ぐらいがおいしい飲み頃です。
さくらんぼの酸味でコクのあるお酒に仕上がります。

柿酒

・アルコール度数35%の甲類焼酎 900ml
・甘柿 500g
・柿の葉(お好みで) 1~2枚
・氷砂糖 50g

1.甘柿はきれいに水洗いして水気をふき取ります。
  適当な大きさに切ります。
2.柿の葉はよく水洗いし、水気をふき取ります。
2.熱湯消毒してよく乾かした密閉できる保存ビンに、柿、柿の葉、氷砂糖を入れます。
  甲類焼酎を注ぎ、ふたをして密閉します。

おいしい飲み頃は3ヶ月後ぐらいです。
ビタミンCたっぷりの柿酒、ぜひお試しください。

りんご酒

・アルコール度数35%の甲類焼酎 900ml
・りんご 中玉5個
・レモン 1~2個
・氷砂糖 250g

1.りんごはきれいに水洗いして水気をふきとります。
  6~8等分に切ります。
2.レモンは皮をむいて輪切りにします。
3.熱湯消毒してよく乾かした密閉できる保存ビンに、りんご、レモン、氷砂糖を入れます。
  甲類焼酎を注ぎ、ふたをして密閉します。
4.約2ヶ月経ったらレモンを、約半年経ったらりんごを取り出してお酒のみを保存します。

1ヶ月ほどで飲む事はできますが、3ヵ月後ぐらいがおいしい飲み頃です。
ほどよい酸味がおいしいお酒です。

ペパーミント酒

・アルコール度数35%の甲類焼酎 900ml
・ペパーミントの葉(花の咲く前のもの) 50g
・氷砂糖(お好みで) 50g

1.ペパーミントはきれいに水洗いして水気をふき取ります。
2.熱湯消毒してよく乾かした密閉できる保存ビンに、ペパーミントと氷砂糖を入れます。
  甲類焼酎を注ぎ、ふたをして密閉します。
3.約1ヶ月経ったら、ペパーミントを取り出してお酒のみを保存します。

おいしい飲み頃は、3~4ヶ月後ぐらいです。
さっぱりとした味わいのお酒です。
ペパーミント酒としてだけでなく、紅茶やゼリーなどに加えてみてもおいしくいただけます。

にんにく酒

・アルコール度数35%の甲類焼酎 900ml
・にんにく 350g

1.にんにくの外皮と薄皮をきれいにむきます。
2.熱湯消毒してよく乾かした密閉できる保存ビンに、にんにくを入れます。
  甲類焼酎を注ぎ、ふたをして密閉します。

おいしい飲み頃は、3ヶ月後ぐらいです。
ヘルシーでまろやかな味わいのお酒です。
また、ドレッシングとしても使う事ができますよ。

コーヒー酒

・アルコール度数35%の甲類焼酎 900ml
・コーヒー豆 50g
・氷砂糖(お好みで) 50g

1.熱湯消毒してよく乾かした密閉できる保存ビンにコーヒー豆と氷砂糖を入れます。
  甲類焼酎を注ぎ、ふたをして密閉します。
2.約3週間経ったら、コーヒー豆を取り出してお酒だけを保存します。

コーヒー豆を取り出したら飲む事ができますが、1ヶ月後ぐらいがおいしい飲み頃です。
マイルドな味わいのお酒です。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

割って楽しむ甲類焼酎
においやクセのない甲類焼酎は、いろいろな飲み物で割って飲まれています。 ご家庭で......
焼酎と酒器
焼酎を飲む時に、焼酎を入れる酒器にもこだわってみてはいかがでしょうか。......
焼酎の種類と料理
水割り、お湯割り、ロックといろいろな飲み方が楽しめる乙類焼酎(本格焼酎)ですが、......
焼酎に合う料理のレシピ
自宅で焼酎を楽しむのなら、おつまみも自分で作ってみてはいかがでしょう。......
九州の焼酎
九州では、さまざまな本格焼酎が作られています。......
焼酎のカロリーについて
焼酎は、糖分がゼロでカロリーの低いお酒です。......
本格焼酎のカクテル
本格焼酎は、一般的にはお湯割り、水割り、ロックで飲まれていますが、本格焼酎をベー......
酎ハイについて
「酎ハイ」は「焼酎ハイボール」を省略した言葉です。......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

焼酎専科:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://syochu.thanks08.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。