焼酎とは

焼酎は、代表的な日本の「蒸留酒」です。

スポンサードリンク

蒸留酒とは、その名のとおり醸造酒を蒸留して作ったお酒です。
またの名を「スピリッツ」といいます。
お酒は、主成分の水とアルコールにその他の成分が混合したものです。
水の沸点は約100℃ですが、アルコールの沸点は水より低く約78.325℃です。
お酒を加熱すると、当然沸点の低いアルコールの方が早く蒸発します。
この蒸気を集めて再び液体化する事によって、もともとのお酒よりもアルコール度数が高いお酒を作る事ができます。
この方法により作られたお酒が蒸留酒です。
アルコールの度数が高いというのが特徴の蒸留酒ですが、日本の焼酎だけでなく世界各国でいろいろな蒸留酒が作られています。

焼酎は、蒸留機の種類とアルコール度数により「甲類焼酎」と「乙類焼酎」に分類されます。
甲類焼酎はアルコール度数が36%未満のものをいいます。
甲類焼酎とは、糖蜜や穀類を主原料として連続式蒸留機で蒸留して作られたもので、無色でクセがないのが特徴です。
果実酒を作る時に使う「ホワイトリカー」は甲類焼酎です。

乙類焼酎はアルコール度数が45%以下のものをいいます。
乙類焼酎は、穀類やいも類、そばなどを原料として単式蒸留機で蒸留して作られたもので、原料によって風味や味わいが違ってきます。
「本格焼酎」とも呼ばれ日本固有のもので、沖縄の「泡盛」も乙類焼酎です。
最近は原料の風味やコクのある乙類焼酎の人気が高まっています。
焼酎の作られる地方により、その地ならではのさまざまな農産物が原料に使われています。

焼酎は氷や水、お湯などで割って飲まれています。
焼酎をおいしく飲むためのポイントは、なんといっても自分の好みに合わせて楽しく飲む事です。
自分には合わないと思ったお湯割りの焼酎も、水割りにするととても自分好みの焼酎に変わったりします。
また、割る比率でも焼酎の印象がかなり変わってきます。
いろいろな飲み方を試して、自分に合った焼酎の飲み方を見つけたいですね。
一般的な焼酎の飲み方をご紹介します。

・お湯割り
 乙類焼酎(本格焼酎)の風味や香りを楽しむには、お湯割りが一番です。
 まずはお湯を入れてから焼酎を注ぎます。
 悪酔いする成分を飛ばして味をまろやかにするために、お湯は先に注ぎます。
 「ロクヨン」という言葉があります。
 これは焼酎:お湯の割合が6:4だという事です。
 一般的には、焼酎:お湯の割合は6:4または5:5ですが、自分の好みで加減してください。
 焼酎はお湯で割ると風味を増すため、薄めに割っても風味や香りは損なわれません。

・水割り
 初心者の方や、アルコール度数が25%や30%ではちょっと強いという方にお薦めの飲み方です。
 お湯割りよりも焼酎の香りが弱まります。
 まずは焼酎を入れてから水を注ぎます。
 一般的には、焼酎:水の割合は6:4または5:5ですが、自分の好みで加減してください。

・ロック
 乙類焼酎(本格焼酎)の香りが広がり、冷たさがきりっとして飲みやすくなります。
 飲み方は、器に氷を3~4個入れて焼酎を氷の上から注いでいきます。
 氷がだんだんと解けてきて味わいの変化を楽しむ事ができます。
 焼酎そのものの風味がストレートに伝わってくる飲み方です。

割る時に使う水もとても重要です。
水道水で割ってしまったら、せっかくの焼酎の味も台無しです。
ミネラルをウォーターで割るのが一般的ですが、焼酎の産地で有名な九州の天然水を使うのが最近の焼酎ファンの中で人気です。

その他に、梅干しを入れたり、ウーロン茶で割ったりする飲み方もあります。
いろいろと試してみて、自分に合った焼酎の飲み方を研究してみるといいですね。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

焼酎で健康になる
焼酎が健康にいいお酒だという事をご存知ですか?......
焼酎の種類
甲類焼酎とは、糖蜜や穀類を主原料として連続式蒸留機で何度も蒸留を繰り返して作られ......
焼酎でストレス解消
最近は、大人から子供までみんながストレスを抱えて生活していると言っても過言ではあ......
焼酎の保存方法
焼酎が人気の理由の一つに、保存方法が簡単である事があると思います。......
泡盛について
沖縄県で有名な「泡盛」も焼酎です。......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

焼酎専科:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://syochu.thanks08.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。