焼酎の保存方法

焼酎が人気の理由の一つに、保存方法が簡単である事があると思います。

スポンサードリンク

清酒やワインなどの醸造酒は、保存方法に気をつけないと変色してしまったり、味が悪くなったりしてしまいます。
蒸留酒である焼酎は、その保存方法において特に気を遣う事はありませんが、焼酎をいつでもおいしく飲むためにはいくつかのポイントがあります。
ここで焼酎の保存のポイントをご紹介します。

・直射日光や極端に暑くなる場所は避けます。
 温度の変化しない、冷暗所に保存するようにしましょう。

・焼酎のビンは必ず立てておきます。
 ビンを横に倒してしまうとそれだけ空気に触れる部分が多くなってしまうので、必ず立てた状態で保存するようにしましょう。

・長期保存する時はどうするか。
 長期で保存する時は、ダンボールの中に入れたり、新聞紙に包んで保存します。
 この場合も必ずビンを立てた状態で置きます。
 透明のビンの焼酎は、直射日光だけでなく蛍光灯の光にも弱いので光を遮る工夫が必要です。
 ダンボールや新聞紙に、焼酎の製造年月日や購入日を書いておくといいでしょう。

・飲み残しがある場合はどうするか。
 飲み残しがあると、開封していない状態よりビンの中により多くの空気が入ります。
 酸化しやすくなりますが、清酒やワインのような醸造酒のように早く飲みきらなければいけないという事はありません。
 通常、3ヶ月~半年ぐらいまでは味が変わらず飲む事ができると思います。
 飲んでみて、味や香りがおかしくなければ大丈夫です。
 ただし、無ろ過の焼酎は変質しやすくなります。

・開封後保存していた焼酎を飲む時はどうするか。
 表面にフーゼル油が浮いて味が変わっている事があります。
 ビンを軽く上下に振ってからいただきましょう。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

焼酎で健康になる
焼酎が健康にいいお酒だという事をご存知ですか?......
焼酎の種類
甲類焼酎とは、糖蜜や穀類を主原料として連続式蒸留機で何度も蒸留を繰り返して作られ......
焼酎とは
焼酎は、代表的な日本の「蒸留酒」です。......
焼酎でストレス解消
最近は、大人から子供までみんながストレスを抱えて生活していると言っても過言ではあ......
泡盛について
沖縄県で有名な「泡盛」も焼酎です。......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

焼酎専科:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://syochu.thanks08.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。