酎ハイについて

「酎ハイ」は「焼酎ハイボール」を省略した言葉です。

スポンサードリンク

炭酸水で割った焼酎という意味です。
甲類焼酎を炭酸水で割って果汁で味付けしたお酒です。

しかし近年では居酒屋さんやお店で売られている缶酎ハイは、ウォッカなどがベースとなっており焼酎が使われていないものもあります。
今では、酎ハイは焼酎ではなくカクテルなどの低アルコール飲料として分類されています。

現在、酎ハイは手軽に楽しめる低アルコール飲料として知られています。
ご家庭で酎ハイをおいしくいただくために、基本的な飲み方をご紹介します。

「基本の酎ハイ」
焼酎:炭酸水を1:4にの割合して飲みます。
居酒屋さんでは、たいていこの割合で出されています。
お酒があまり強くない人でも楽しめる割合だと思います。

「濃いめの酎ハイ」
焼酎:炭酸水を1:2の割合にします。
居酒屋さんでちょっと強いと感じる酎ハイはこの割合です。
お湯割りの基本的な割合とほぼ同じで、焼酎の味が楽しめる割合です。

「果汁を入れた酎ハイ」
基本の酎ハイの割合に、レモンやグレープフルーツなどの柑橘系の果物を搾って入れます。
居酒屋さんで人気の酎ハイです。

「ジュースで割った酎ハイ」
焼酎:ジュース:炭酸水を1:0.5:1.5または3.5の割合にします。
カルピスやジュースなどで割って飲みます。
お酒の苦手だけれど楽しみたいという方は、ジュースの割合をもっと増やすと飲みやすくなるでしょう。

あくまで基本的な割合なので、必ずしもこの割合で飲まなければいけないという事はありません。
自分の好きなようにアレンジして、自分だけのオリジナル酎ハイを楽しんでみてください。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

割って楽しむ甲類焼酎
においやクセのない甲類焼酎は、いろいろな飲み物で割って飲まれています。 ご家庭で......
果実酒で楽しむ甲類焼酎
果実酒のレシピに書いてある「ホワイトリカー」とは甲類焼酎の事です。......
焼酎と酒器
焼酎を飲む時に、焼酎を入れる酒器にもこだわってみてはいかがでしょうか。......
焼酎の種類と料理
水割り、お湯割り、ロックといろいろな飲み方が楽しめる乙類焼酎(本格焼酎)ですが、......
焼酎に合う料理のレシピ
自宅で焼酎を楽しむのなら、おつまみも自分で作ってみてはいかがでしょう。......
九州の焼酎
九州では、さまざまな本格焼酎が作られています。......
焼酎のカロリーについて
焼酎は、糖分がゼロでカロリーの低いお酒です。......
本格焼酎のカクテル
本格焼酎は、一般的にはお湯割り、水割り、ロックで飲まれていますが、本格焼酎をベー......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

焼酎専科:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://syochu.thanks08.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。